ワキガ対策を今からスタートする

ワキガ対策を今からスタートするための手引きです。なたは、自分の体臭を気にしたことがありますか。人とのコミュニケーションをとる際、私たちは第一印象を気にします。第一印象に関わるポイントとして、まず表情を含めた顔、それから全体的な容姿や体型などに目が止まります。ですが、実は第一印象って顔や容姿など、見た目だけの問題ではなかったりします。実は、匂いも影響してきます。

 

きちんとしている人は、適度な香水をまいています。ほのかに香る香水は、心地よく感じますよね。そして、清潔感も感じます。その人の性格的なイメージをもさせるくらい、香りというものは重要な役割を持っています。ただ、香りも性格のように合う合わないがあるので不思議なものです。感覚は、触って感じる触覚や温度感覚、聞いたり見たりする聴覚、視覚、味を感じる味覚など、さまざまにありますが、匂いを感じ取る嗅覚だけ、そのままダイレクトに脳に伝達されます。その他の感覚は、一度脊髄神経を経由しますので、嗅覚の好き嫌いは、まさに直感とか、本能的なものであると言えるでしょう。

 

その本能的に感じる嗅覚。もし、それが良い香りであれば、とても好印象です。それだけでも人を好きになってしまうという人もいるくらいですもんね。では、香水に相反する体臭がきつい場合はどうでしょう。やはり、他人の反応も相反するもので、どちらかと言えば避けられてしまうでしょう。体臭の代表的なものとして、ワキガがあります。あなたは自分がワキがであることを疑ったことがありますか?確かにワキは、汗をかきやすい部分です。清潔にしておかないと、におってしまうことも。そして、自分の体臭って、馴れてしまっていると自分では気付いていないという場合もあります。そのような場合、知らず知らずのうちに他人に不快な印象を与えてしまっている場合もあります。そして、それはそのままあなたの印象になってしまいます。臭い、という印象なんて、誰も好感度は持てないですよね。

 

このように、ワキガは自分の問題ですが、他人へのエチケットとして自ら気をつけるべきではないでしょうか。

わきがとは

ワキガと聞くと、脇からの汗臭い臭いのことだと思っている人も多いようですが、ワキガと汗の臭いは微妙に違うとされています。ワキガは、鉛筆の芯のような臭いだとか、玉ネギのようなツンとした刺激臭などと表現されており、汗の臭いとは実際には違うようです。

 

このワキガを病気によるものと間違った情報が流れていることがあり、そのため、ウィルスの感染とか何かの菌に感染している病気と勘違いをしている人も多いそうです。ワキガは病気ではありませんから、人に感染することもありません。ただし、その臭いが独特なため、ワキガ体質の人は、人と関わることに消極的になってしまうことがあると言います。その一方で、自分がワキガ体質だと気づいていない人もいるそうです。

 

ワキガは、その臭いの程度によっては、全く自分で気づかなかったり、その臭いに慣れてしまって、気がつかないということがあるようです。しかし、実際には、ワキガの臭いで、職場全体が仕事に集中できなかったり、気分を害する人もいますので、本人が自覚をすることと、ワキガ体質を改善する努力はするべきでしょう。

 

本人が自覚するためには、いくつかのポイントがあります。まず、近親者にワキガの人がいるかどうかを見直してみましょう。また、耳垢が湿りやすい人は、ワキガ体質に近いと言われています。あるいは衣類の脇の下に黄色いしみができるなど、チェックをするポイントはありますので、気になる人は自分を見つめなおしてみましょう。

わきがの人の実際の対策

ワキガの人たちは、実際にどのような対策を取っているのでしょうか。

 

ワキガの悩みを抱えた人々は、制汗パウダーを使うなど、一般の人以上に神経質になっているものです。しかし、市販の制汗パウダーは、ワキガの対策としては、あまり効果は期待できず、時間と共にすぐに臭いが戻ってしまうと言われています。そこで、現在、ネットなどで話題になっているワキガ体質の人のためのワキガクリームを使用している人が多いのです。

 

しかし、それでも、電車の中や職場で、自分の臭いに敏感になっている人々は、食事内容に気を配ったり、肥満にならないようにダイエットしたりなど、努力を続けています。また、アポクリン腺に刺激を与えるストレスをためないように、様々な生活の見直しもしているはずです。ワキガと言っても、人によってはその臭いがとても強い人とそれほどでもない人がいると言います。本人や、周囲の人の感覚の違いもあるでしょうが、その個人差で、ワキガクリームだけでは不安だという人もいます。そのような人たちは、医学的にワキガの手術を考えるのだそうです。

 

ワキガの手術は、美容外科や皮膚科クリニックなどで行われますが、レーザー治療によるものと、アポクリン腺を切除する方法などがあります。アポクリン腺切除の手術は、脇を5センチほど切って行うので、傷跡が残ることがデメリットですね。しかし、その反面、アポクリン腺事態を切除するので、ワキガからは完全に開放されるというメリットもあります。

ワキガクリーム

夏になると汗を良くかくようになります。これはなぜかというと外の気温が高くなるからです。太陽の光が強く感じるこの夏場は薄着をしても少し動いただけで汗をかいてしまうのです。汗をかくことにより体温調整をしているので体にとってはとてもよいことではあるのですが、人によっては汗をかかないように努力をしている人もいるのです。私は汗をかくのが苦手です。それはワキガだからです。汗をかくとどうしても臭いが強く出てしまい周りの人にばれないようにする為に必死になっているのです。私がワキガなのはお父さんの遺伝だと思われています。お兄ちゃんもワキガだと聞いたことがあるのでワキガは遺伝するのだと思っています。

 

ワキガにはいろいろな原因があるようなのですが、実際にその原因が何であれ臭いがきつくでてしまうことが嫌で嫌で仕方がありません。どうにかしてこの臭いをどうにかしなければ夏場は外に出るのも嫌になってしまいます。毎日何度もお風呂に入って体を洗ったりサラサラシートと呼ばれる体を拭くシートを使ってワキを拭いたりすることが1日に何度もあります。

 

お兄ちゃんに聞いたところロールオンと呼ばれるワキに直接塗ることにより嫌なにおいをいい匂いに変えるものを使っていると聞いたことがあるのですが、私はそれを塗っても意味がなかったので常に気を使っています。旦那に聞いたところ、しっかりとお風呂に入ったり拭いていたりする時は臭いが気にならないけど1日何もしていないと少しだけ臭うことがあるといわれました。旦那は受け止めてくれているのですが、一応女性なので気を付けるようにしています。

 

ワキガを治すにはたくさんのお金が必要になるので完全に治すことは難しいのです。しかし、最近ではワキガクリームと呼ばれるワキガ専用のクリームが販売されておりワキガの原因となる菌を殺菌する効果や汗をかかないようにする効果、他にも肌を乾燥させないようにする効果も期待できるといわれています。ワキガクリームはいろいろな種類が出ておりますので自分で選ばなければなりません。ネット通販でも購入できるといわれていますのでどこかのお店で購入するのが恥ずかしいと思う方はネットで購入するといいですね。

 

体臭の中で一番気になる部分はどこだと思いますか。実は男性の方に聞いても女性の方に聞いても一番気になる場所というのは脇のようです。脇の臭いは汗をかくとひどくなるといわれています。特に脇はいつもとじた状態になりますので開放していることがありません。開放した瞬間に今まで蒸れていた臭いが一気にでてきますのでより臭いをきつく感じることがあるのです。

 

特に汗をかいている場合は服に汗の臭いが染み付いてしまう場合がありますのでより臭いを感じることがあるかもしれません。脇の臭いを少しでも抑える為にはワキガクリームを塗ることが一般的な対処方法です。ワキガクリームというのはいろいろな種類が売っているのですが、一番身近に手に入るものというとロールオンなどの直接脇に塗るタイプのものです。スーパーでも販売されていますのですぐにでも手に入れることができます。しかし、臭いをもっと抑えたいと思っている人は脇の臭いを完全に消すことを目標にしているワキガクリームを使うことをオススメいたします。

 

私が使用したことがあるのはネットで購入したワキガクリームなのですが、一度朝に塗れば夜まで臭うことがなかったものもありました。汗を抑える効果もあったので汗も出なかったですし夏の間はそのクリームを使用していました。しかし、一つの値段があまりにも高かったのでなかなか継続して使い続けることは難しかったです。ワキガクリームの値段は高いものもあれば安いものもあります。そして自分に合うものあれば合わないものもあります。臭いを抑えることが出来る自分に合ったものが見つかるといいですね。

 

ワキガを治す方法は簡単に始められるのです