ワキガの人が周囲に与える害や印象とは

では、体臭がキツい人に対して、周囲の反応はどうなのでしょうか。どのような印象が与えられるでしょうか。

清潔感がない

まず、どう考えても体臭がキツい人は、清潔感がないような印象です。汗をかいてもそのままだったり、多少の臭いがしても特に気にせず無頓着である場合。本人は自分の臭いだから特に気にならないかもしれませんが、やはり他人のこととなると非常に気になります。普通にしていれば、特に臭わない人でも、やはり体臭がするとなると、ちゃんとお風呂に入っているのかどうか、とか、きちんと洗濯はできているのか、といったような良くないイメージが付いてしまいます。

 

どんなにおしゃれをしていても、やはり体臭がするとなると、その人には魅力を感じなくなってしまいますよね。人間も動物ではありますから、全くの無臭というわけにはいきません。ですが、心がけひとつで体臭は防げるものです。ですので、体臭がするひとは、やはり自分の清潔感はもちろん、その人の生活感を含めてもズボラであったり、汚い生活をしていたりなど、清潔感にかけるのではないか、といったイメージがつきまとってきます。

 

体臭は、その日その日によっても異なります。その日だけ、どうしても臭ってしまったかもしれません。ですが、周りの人からすると、一度そのようなことがあると、体臭の記憶が残ってしまい、その人自身の悪いイメージがいつまでも残ってしまうことになってしまうでしょう。

近寄り難い

香りと臭いという、嗅覚を刺激するものは、本当に不思議なものでその人の直感に働きかけます。ですので、良い香りであれば惹かれますし、臭いと思ってしまえば嫌厭されます。嗅覚に関するものは、人によって好き嫌いもありますし、また香りや臭い自体を察しとるのにも異なっていたりします。要するに、臭いを感じる人と、そうでない人といると言うことです。それは、嗅覚の問題だったりするのでしょう。

 

この、動物的な感覚にも似た嗅覚ですが、その反応は本当に瞬時と言ってもよいのではないでしょうか。頭で考える前に、良い悪いを瞬時に判断してしまうような、そんな感じです。反射にも似た感じですね。

 

ですので、自分が気に入らない臭いを感じたときには、身体が拒絶反応を示すかごとくな反応が出ます。もし、他人に対して体臭が臭いと感じたら、間違いなくその人には寄り付かなくなるでしょう。それも、人としてよい人だったとしても、体臭が苦手で近寄ることができなくなってしまうということもあり得ます。それくらい、臭いと言うものは敏感なのです。

 

例えば、場所でも同じことが言えますね。トイレが臭かったり、他人のおならだったり、下水など、やはりそのような臭い場所には長くいることはできず、できる限りはやくその場から逃げたいと思いますよね。場所ならともかく、それが人である場合、逃げるというのも失礼な話ではありますが…。もし電車の中など、自分の周りに誰も座らないなどの経験があるのならば、もしかしたら体臭がしているのかもしれませんよ。

仕事にも影響

このように、体臭がキツいと周りの人からの反応が非常に悪くなってしまいます。どんなにいい人であったとしても、臭いがキツいと人間的な本能で、人は近寄らなくなってきます。これは、通常の人間関係にも言えることですが、もっと深刻な影響となるのは仕事でしょう。仕事でも、いろいろな人と接することがあります。デスクワークの場合、もし自分が体臭がしていたら周りの人に明らかに迷惑がかかっています。特にデスクの場合は、場所が決められてしまっているので、臭いのないところに逃げようと思っても逃げられません。自分では気付かないところで、他人に不快な思いをさせてしまっている可能性があります。

 

仕事でも、例えば接客業などの場合も問題です。飲食店などの場合は特に問題ですね。食事は、その匂いも楽しみながらするものです。なのにも関わらず、体臭がその美味しい匂いを消し去ってしまったら最悪ですよね。そして、美味しいものも美味しく感じなくなってしまいます。これではお客さんからの評判もわるくなってしまいますね。

 

また、マッサージなどの個室で行うようなサービス業も問題です。マッサージは、特に施術者はマッサージしていると汗をかきますよね。そうすると、余計に体臭がきつくなってきます。そして、個室なだけに、空気もこもってしまいますよね。そうしたら、お客さんもたまったものではありません。

 

このように、特に他人と接触するような仕事であれば、やはり体臭があると営業成績にもかかわってきてしまいかねません。

異性に嫌われる

臭いって、致命的です。友人や知人はもちろん、知らない擦れ違った人ですら、体臭が臭いと避けられてしまいます。知らない人までも嫌われてしまうのですから、もちろん異性には最悪の印象です。臭い人を、誰が好きになるでしょうか。まず、知り合ったときに臭いと感じてしまったら、もうそれまで。恋人同士になるどころか、友達にもなることはできないでしょう。ようするに、嫌われてしまいます。

 

嗅覚は、実に動物的な感覚です。ですので、好まれる匂いと嫌われる臭いは、実は万人が同じというわけではないのですね。体臭に関しては、本当に人それぞれ感じ方が異なります。体臭って、一見臭いイメージしかないのですが、それに惹かれてしまう場合もあるのですね。これは本当に動物的な本能です。ようするに、フェロモンといったものですかね。

 

生物学的な話になると、身体の毛穴に存在するアポクリン腺という汗腺から分泌される汗が、このフェロモンとも言われる臭いを発せさせる原因の部分であると言われています。このアポクリン腺は、フェロモンともなり得ますが逆に体臭の原因ともなります。ワキガなどは、ワキのアポクリン腺が原因で発生するものです。ですので、異性に臭いで好かれるか、嫌われるかは、割と紙一重であるといえます。

 

とはいえ、自分のフェロモンといって体臭の処理をしないというのは、またちょっと違う話になりますので、ちゃんと体臭ケアはした方がよいでしょう。