食生活

体臭の中でも、特に顕著に他人にバレてしまったり、嫌われてしまうワキガ。どうして臭ってしまうのでしょうか。その原因として考えられるものをみていくことにしましょう。

 

まずひとつめに、食生活です。ワキガの臭いの原因は、アポクリン腺から分泌される皮脂やたんぱく質の混ざった汗と、皮膚の常在菌とが合わさってしまうことで起こるものです。常在菌は目には見えませんが、私たちの身体には皆存在しているものです。どんなに綺麗に身体を洗ったとしても、常在菌は存在しますからこれはどうすることもできませんね。では、分泌される汗についてはどうでしょう。

 

私たちの身体は、自分が食べた物によって作られています。ですので、汗や皮脂など、分泌されるものも私たちが食べた物からできています。もし、汗や皮脂の臭いが気になる場合は、自分が食べている物を疑うのもひとつです。ワキガの場合も同様です。気を付けたいのは、やはり脂質ですね。ジャンクフードを食べることが多かったり、お菓子や質の悪い油を摂取したりしていると、皮脂の分泌量が多くなり、またその皮脂もよくないものであったりします。そうすると、常在菌が少なかったとしてもそれらのエサは大量にあるわけですから、臭いが発生しやすい状況になってしまいます。

 

ワキガの場合、自分の脂質の摂取状況を見直す必要があります。全く摂取しないのは問題がありますので、バランスよく栄養摂取することを心がけるようにしましょう。

不潔

ワキガの原因は、アポクリン腺と常在菌の関係にありました。常在菌が繁殖してしまうことによって、悪臭が発生してしまいます。常在菌は、私たち誰にでも存在している菌ですので、全てを取り払うことはできません。ですが、逆にケアしなさすぎて菌を増やしてしまうような環境を作ることもよくありません。

 

ワキは、構造的に蒸れやすい部分です。腕を上げない限り、あまり空気に触れることがありません。また、脇毛も生えていると余計に蒸れやすいですね。この、湿度の多い蒸れやすい環境というのは、雑菌の大好きな環境です。そこにエサが豊富であれば、容易に繁殖してしまいます。ワキガの人の場合、ワキにあるアポクリン腺が非常に発達しているという特徴があります。アポクリン腺からは、皮脂やたんぱく質を多く含んだ汗が分泌されます。この皮脂やたんぱく質は、雑菌のエサになります。蒸れやすい状態で、雑菌のエサも豊富にあるとなれば、繁殖するには絶好の環境ですね。このような状況下なので、ワキガの人は悪臭を放ってしまうのです。

 

ワキガの危険性がある人は、アポクリン腺は手術しない限り変わらないので、清潔にすることから気を付けましょう。ワキに汗をかいたら、デオドラントシートなどで拭き取るようにしたり、出かける前などには菌の繁殖を抑えるデオドラントなどを塗るようにしましょう。少しでも心がけるだけでだいぶ臭いが違いますよ。

ストレス

ワキガは自分の問題よりも、周りの人に対してのエチケットでもあります。自分の体臭のせいで、他人を不快にさせていると思うと、非常に悲しい気持ちになりますね。ですので、ワキガはなんとしてでも改善させなくてはいけません。性格以前に嫌われてしまうのは、悲し過ぎます。

 

ワキガの原因は、ワキにあるアポクリン腺が多いことが原因ですが、実際にこのアポクリン腺は誰にでもあるものです。いろいろな原因が重なって、それがワキガの臭いとなってしまっているのです。ですので、アポクリン腺をどうこうする前に、まずはそれ以外に考えられる臭いの原因を減らしていく必要があります。

 

ワキガの臭いを助長させるのには、いろいろな原因がありますが、そのひとつにストレスも関係しています。ストレスはいろいろな身体の不調の原因になりますが、さすがにワキガとストレスが関係しているのは、非常に意外ではありますよね。ですが、関係しているのです。ストレスが溜まっている状態は、自律神経のバランスが乱れている状態にあります。通常身体は、日中に活動的になり、夜にはリラックス状態になるようになっています。これは、自律神経やホルモンによってコントロールされています。ですが、ストレスが溜まると、このコントロールが乱れてしまい、夜になっても身体が活動状態になってしまっている場合があります。汗や皮脂の分泌は、身体が活動状態のときに起こります。その状態が過剰に続いてしまうと、皮脂や汗を常にかいている状態になってしまいますね。皮脂や汗はワキガの原因です。結果、臭いの元が大量生産されてしまっている状態になってしまうわけです。

 

あまり関係がなさそうではありますが、ストレス解消も重要なワキガ対策であったりするのです。

遺伝的なもの

ワキガの原因は、汗や皮脂の処理や生活習慣などによるものが原因でもありますが、根本的に遺伝的なものである場合も多いです。遺伝的というのは、自分の両親を始めとした家族の中で、ワキガの人がいる場合です。ワキガでなくても、体臭がキツい人がいる場合は要注意です。その遺伝子を、自分も受け継いでいる可能性があります。

 

遺伝というのも、身体に存在する皮脂腺や汗腺の発達具合や数の問題です。両親が、汗をかきやすい体質だったり、皮脂の分泌が多いような体質である場合、自分も同じような傾向がある場合があります。ワキガは、ワキにあるアポクリン腺が発達していることで起きます。ワキガの臭いは、自分ではなかなか気付くことができませんが、家族など他人であれば分かります。よって、家族で体臭がきついな、と感じる人がいる場合、自分もその要素があると言うことでもあります。

 

自分のワキガの原因が、遺伝的なものであるとわかったところで、それは解決策になりません。自分でワキの汗のケアをしても、なかなか効果が上がらない場合は、根本的に体質の問題になってしまいます。ワキのアポクリン腺が原因ということですね。そうなると、今度はアポクリン腺の手術を行うしかなくなります。手術というと非常に大事のようですが、実際にはいろいろな方法があります。ワキガの悩みを抱えて生きていくよりは、一度スッキリ手術をしてしまった方が、今後の不安もかき消すことができて、楽になることでしょう。